パウンドケーキって?

未分類
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

パウンドケーキの定義にはじめ、パウンド型についてご紹介していきます。

パウンドケーキって?

パウンドケーキ(英: pound cake)は、バターケーキの一種。小麦粉・バター・砂糖・卵をそれぞれ1「ポンド (pound)」ずつ使って作ることから「パウンド」ケーキと名づけられた。仏ブルターニュ地方、イギリス発祥の家庭向けのケーキ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD

1「ポンド」は、454gのため、全体量としてはかなりの量です(合計量は約2kgになるためパーティー規模です)。現在では、パウンドケーキの型に合わせて、バター・砂糖・卵・小麦粉を100g毎っていうレシピがほとんどです。

また、ドライフルーツやナッツ類が入ったものなど、パウンドケーキは色々なアレンジが効きます。比較的日持ちもするため、贈り物にも最適なパウンドケーキです。

パウンドケーキ型を揃えよう

一般的なパウンドケーキの型は、長方形の深い焼き型のことです。長辺が18cmくらいのサイズが一般的で、アルミ製やステンレス製のものは熱回りがよく、フッ素樹脂加工のものは手入れが簡単です。

結構いろいろなものがありますが、フッ素加工で1000円以内が手頃です。私は、以下の商品を数年使ってますけど、まだまだ使えてます。

パウンドケーキでしか使えないのかな?

そんなことはありません!

チーズケーキにブラウニーなど、大抵の焼き菓子に使えます。

さらに、パウンドケーキ型ってケーキを取り出しやすくて、切り分け&個別包装もしやすいです。オーブンによっては(ヒーターの位置によるが)、パウンドケーキ型のほうが熱のムラが少なる場合もあります。

パウンド型に合う敷紙(クッキングシート)もあると便利です!

最後に

パウンドケーキとパウンドケーキの型はお勧めです!

パウンドケーキの型で美味しい数々のお菓子レシピを作っていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました