パウンド型の原点・基本のパウンドケーキレシピ!

お菓子レシピ@パウンド型
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

5種類の材料(バター・卵・砂糖・薄力粉・ベーキングパウダー)を混ぜてオーブンで焼きあげるだけ、失敗のない超基本のパウンドケーキです。なお、ダークラム酒を使うと、さらに上品な味わいになります。

本レシピについて
  • 作業時間:30分
  • 合計時間:120分
  • 基本材料:バター、卵、砂糖、薄力粉、ベーキングパウダー
  • 仕上げ:オーブン160℃で40分
  • ポイント:卵は常温を。乾燥に注意。

    *時間は目安です。
    *作業時間:焼き冷ましを含まない時間です。
    *合計時間:食べられるまでの時間です。
パウンド型の原点・基本のパウンドケーキレシピ!

パウンドケーキはおもてなしやお土産にもお勧めです。冷凍保存しておけば、いざってときのおやつにもなります。

材料や道具の準備

材料(20×8cmパウンド型の量)

材料補足
バター100g無塩でも有塩でも。
砂糖90g種類はお好みで。
(私は粉末のてんさい糖推しです)
2個M/Lサイズどちらでも構いません。
常温で準備します。
薄力粉100g
ベーキングパウダー2g2g=小さじ0.5。
無いと膨らみが弱いです。
ダークラム酒(任意)15mlお好みですが風味が増します。

道具

道具用途・補足
パウンド型+クッキングシートパウンド型のクッキングシートがあると楽です。
ボール(A)混ぜる用
ボール(B)小麦粉+ベーキングパウダー用
ハンドミキサー電動でも手動でも。
ゴムベラ粉類を切り混ぜる為に使います。
オーブン本レシピは160℃で焼きます。
(オーブンによって調整必要)
刷毛(任意)焼き上がり後にラム酒を塗るのに使います。

作り方

1.パウンド型にクッキングシートを敷き、オーブンを160℃で余熱開始します。

写真ではパウンド型のクッキングシートを使っており便利です。無い場合は側面+底を繋げた状態でシートをしきます(取出しやすくするため)。

シートw準備します。

2.ボールに「バター」「砂糖」を入れてハンドミキサーでゆっくり混ぜます。

バターは常温を使いますが電子レンジで少し溶かしてもOKです(20秒~30秒程度チン。パウンドケーキであれば溶かしても仕上がりにほぼ影響ありません。)。最初は手動でゆっくり混ぜないと砂糖が飛び散るため注意してください。

バターを常温にするかチンで溶かしやすくします。
お砂糖も入れて混ぜていきます。

3.続けて「卵(常温)」を入れてハンドミキサーでしっかり混ぜます。

卵を生地に馴染ませるため必ず「常温」を使いましょう!電動であれば2分弱混ぜればOKです。ハンドミキサーの出番はここまでです。

常温の卵を入れて混ぜ混ぜします。
しっかり混ぜます。

そろそろ、オーブンを160℃で余熱開始します。

4.続けて、「薄力粉」「ベーキングパウダー」(別のボールで軽く混ぜておく)を2回に分けて入れ、ゴムベラで切るように10回~20回混ぜます。

小麦粉+ベーキングパウダーは事前に振るっておきます(この時、ダマにならない小麦粉という商品を使うと楽です)。あまりたくさん混ぜるとグルテンが発生して固くなるので程々で止めておきます。多少のダマは気にしません。

薄力粉+ベーキングパウダーをさっと切るように混ぜます。
底のほうも確認しながらサッと混ぜます。

5.パウンド型に材料を流し込み、オーブン160℃で40分焼きます。

流し込む際は型をトントンして隅まで生地がいくにようにします。また、左右の生地を少し多め(高く)すると、焼き上がりの高低差が少なくなります。温度や時間はオーブンによって癖があるため微調整してください(2回ぐらい焼くと分かります)。

流し込み、余熱した160℃のオーブンで40分焼きます。

6.型からケーキを取出して荒熱を取ります。ダークラム酒を塗る際は横面と上面にささっと2~3回ほど塗ります。

*何も塗らない場合はふんわりラップをして乾燥を防ぎます。

クッキングシートは横面を剥がして荒熱取ります(熱い時に全部剥がすとケーキが崩れやすい)。荒熱は30分程度で取れます。

箸などをさして何もついてこなければ火は通ってます。荒熱を取ります。

ケーキの状態がしっとりの場合、切りにくいことがあるため続けます。

7.(参考)アルミホイル等に包んで冷蔵庫で1時間程度冷やすと、もっと綺麗に切ることが出来ます。

常温放置でも切れます。

包んで冷やします。
綺麗に切れました。

完成です!お疲れ様でした!

保存(賞味期限)

小分けにサランラップに包んで保存出来ます。

賞味期限
  • 常温:2日
  • 冷蔵:4日
  • 冷凍:1ヶ月

賞味期限は水分や砂糖の量から厳しめに見積もってますが、ご参考のため、自己責任にて、出来るだけお早めにお召し上がりください。

まとめ

超基本のパウンドケーキのレシピをご紹介しました。こうやって書くと長く感じますが、実際に作ると材料も少なくて簡単に出来ます。お勧めです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。パウンドケーキは本当にお勧めです。是非作ってみてください。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました