焼き芋のチーズ芋もち

焼き芋活用レシピ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

余った焼き芋(紅はるかお勧め)に「バター」「コーンスターチ」「とろけるチーズ」を混ぜてフライパンで焼くだけの「焼き芋のチーズ焼きもち」をご紹介します。外はカリカリ、中はもちもちであまじょっぱいです。

本レシピについて
  • 作業時間:10分
  • 合計時間:15分
  • 難しさ :簡単。
  • ポイント:お子様に。

    *時間は目安です。
    *作業時間:焼き冷ましを含まない時間です。
    *合計時間:食べられるまでの時間です。
焼き芋のチーズ芋もち

おやつにどうぞ。紅はるかの焼き芋は十分に甘いため、追加の砂糖は使いません。

材料や道具の準備

材料(2~3人分)

材料補足
焼き芋100g皮をむいた状態です。
バター10g無塩でも有塩でも構いません。
コーンスターチ10g(約大さじ1.5)
ピザチーズ30~50g50g = スライスチーズ約3枚分。
塩気を弱めたい場合は30gにします。
分量はざっくりで問題ありません。他に、焼く時用のサラダ油が少し必要です。

道具

道具用途・補足
耐熱ボール混ぜる用
木べら混ぜる用、シリコンベラでも代用可。
コンロ・フライパン

作り方

1.耐熱ボールに皮をむいた「焼き芋」「バター」を入れてレンジ600wで3分チンします。木べらで潰して伸ばしたら荒熱が取れるまで待ちます。続いて「コーンスターチ」「ピザチーズ」を入れて混ぜます。

水分が多い焼き芋の場合はチンで水分を飛ばします。最初からパサパサであれば加熱時間は短めでOKです。2分もすれば荒熱は取れます。

皮をむいた焼き芋とバターを3分チンします(水気を飛ばすために少し長めです)
チン終わったら混ぜます。
荒熱がとれたら、コーンスターチ・チーズを入れます。
混ざりました。

2.フライパンに油をしいて(小さじ2ぐらい)、適量ずつ焼きます。弱火で2分、裏返して2分ぐらいです。

木べらとスプーンを組み合わせて、少量ずつ伸ばしながら焼きます(手で整形は難しいです・・・)。焼きながら整形可能です。裏返しづらい時はフライ返しを使うと楽です。

適当な大きさにしてフライパン弱火で2分焼きます。
裏返して2分ぐらい焼きます。

完成です!お疲れ様でした!出来立ては外はカリカリ、中はもちもちです。冷めても美味しいです。

焼き芋のチーズ芋もち

保存(賞味期限)

出来立てがお勧めですが、すぐに食べない場合はラップして冷蔵庫や冷凍庫で保存ください。

賞味期限
  • 常温:1日
  • 冷蔵:3日
  • 冷凍:2週間

賞味期限はご参考のため、完成後は出来るだけお早めにお召し上がりください。

まとめ

余った焼き芋を「チーズいももち」に変えるレシピをご紹介しました。簡単に作れるためお勧めです。なお、本レシピではご紹介していませんが、チーズを入れずに砂糖醤油で味付けする「いももち」もあります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。是非作ってみてください。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました