最小材料でレアチーズケーキのレシピ

お菓子レシピ@パウンド型
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「クリームチーズ」「牛乳」「砂糖」「粉ゼラチン」の4材料で「レアチーズケーキ」を作ります!土台無しでいけます(もちろん土台を適当なビスケットを砕いて作ってもOK)。レアチーズケーキは生地を焼かないため、クリームチーズの酸味も味わえます。

本レシピについて
  • 作業時間:10分
  • 合計時間:120分
  • 基本材料:クリームチーズ、牛乳、砂糖、粉ゼラチン(クックゼラチン)
  • 仕上げ:冷蔵庫で冷やし固める。
  • 特徴:生クリーム無しでも濃厚で食べやすい!

    *時間は目安です。
    *作業時間:焼き冷ましを含まない時間です。
    *合計時間:食べられるまでの時間です。

私はパウンド型で作ります。では早速!

(ご参考)他のチーズケーキは次のページでまとめています。

作り方

「1」材料・準備

Aは最初から鍋に入れて準備。
材料補足
(A) 牛乳200ml
(A) 砂糖60g
粉ゼラチン5g森永のクックゼラチン
クリームチーズ200g
お好みでラズベリージャムやブルーベリージャムがあると良く合います!
本レシピで利用する主な道具です!
道具用途・補足
牛乳+砂糖をコンロで温めます。
ヘラ混ぜるため。
クッキングシートも。

各種材料を準備しましょう。

型にはクッキングシート(底+側面を繋げた状態)をしいておきます。

始めに準備すると楽です!

「2」牛乳+砂糖を熱した後、粉ゼラチンを混ぜます。

鍋に「牛乳」「砂糖」を入れて沸騰直前まで温めたら火を止めます。続いて「粉ゼラチン」を少しずつ入れてよく混ぜます。

牛乳は急に沸騰するため気を付けましょう!(鍋のフチに泡が付き始めたらほぼOKです。80度は欲しい。)粉ゼラチンは少しずつ入れてよく混ぜないとダマができやすいです(多少のダマは問題ないですけど)。

混ぜます。

「3」クリームチーズをチンで少し温め混ぜておき、牛乳液を加える。

クリームチーズを30秒チンしてから良く混ぜておきます。続いて1/3ずつ熱々のままの牛乳液を加え、都度良く混ぜます。

序盤に良く混ぜればクリームチーズのダマは出来ません。

少し温めたクリームチーズをよく混ぜます。
牛乳液を少しずつ加えて良く混ぜます。
滑らかに混ざりました。

「4」型に入れて最低2時間ぐらい冷やせば完成です。

型に生地を流し入れ、冷蔵庫で2時間は冷やします。クッキングシートを持ちながら慎重に取り出したら適当な大きさにカットして頂きましょう!

冷やす際はふんわりラップでOKです。

型に流し入れてしっかり冷やします。
冷やした後シートを剥がしつつ持ち上げます。
側面シートを剥がして切ります。

完成です!頂きましょう!

切り分けていただきます!
お好みのジャムをかけてもGood!

土台無しでもちゃんと綺麗に切り分けることが出来ます(もちろん土台を作ってもOK)。粉ゼラチン5gでも、このように固まり切り分けることは可能です。

レアチーズケーキの場合、ブルーベリージャム(ソース)やラズベリージャム(ソース)が相性的にも見た目にも良く合います。切ったときの断面が多少イマイチでも、ジャムをかければ目立ちません。

保存について

冷蔵庫でしっかりと冷やして保存しましょう。

冷凍にはあまり向きません(水分量が多くてゼラチンも含んでいるため、解凍した時に食感がイマイチに感じるかもしれません、好みによりますが)。

賞味期限
  • 常温:ー
  • 冷蔵:2日
  • 冷凍:ー

賞味期限は水分や砂糖の量から厳しめに見積もってますが、ご参考のため、自己責任にて、出来るだけお早めにお召し上がりください。

Memo

本レシピの考察・感想を書いておきます。ほぼ自分用です。

◇土台
土台無しは楽だし、カロリー的にも有利。もし使うなら味を邪魔しない「マリービスケット」が良い。あるいはアクセント狙いで「オレオやノアール」もあり。

◇ジャム
酸味のある色々なジャムは相性が良い。

◇他のチーズケーキとの違いは以下のまとめページを参考に。

まとめ

かなり簡単でシンプルに作れる「レアチーズケーキ」をご紹介しました。

  • 簡単です!(ゼラチンの投入時はダマに注意!)
  • 生クリームや土台無しでヘルシーです(けどチーズ部は濃厚で美味しい!)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。是非作ってみてください。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました