なめらか ニューヨークチーズケーキのレシピ

お菓子レシピ@パウンド型
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

今回は濃厚でなめらかな「ニューヨークチームズケーキ」レシピをご紹介します。

本レシピについて
  • 作業時間:30分
  • 合計時間:180分
  • 材料:クリームチーズ、卵、砂糖、牛乳、(バニラオイル)
  • 仕上げ:オーブン180度で40分(湯銭焼き)
  • 特徴:バター・生クリーム・土台なし。

    *時間は目安です。
    *作業時間:焼き冷ましを含まない時間です。
    *合計時間:食べられるまでの時間です。

この「ニューヨークチーズケーキ」は、「バター」「生クリーム」は未使用なのに、濃厚でとっても美味しいです。口当たりも良いため、パクパクと食べれてしまいます。本レシピでは、パウンド型を使い、天板に湯を張った湯銭焼きにて仕上げます。全体的に簡単なレシピです。

とても美味しくて評判です。土台は使いません(参考までに土台レシピも後半に載せています)。

<2022/06/22変更>
・配合を見直して土台無しで作れるようにしました。
・クッキー生地は参考として後半に移動。


では早速!

(ご参考)他のチーズケーキは次のページでまとめています。

材料や道具の準備

材料(20×8cmパウンド型の量)

材料補足
クリームチーズ200g常温で準備します(電子レンジで温めてもOK)。
砂糖60g粉末なら種類は問いません。
(任意) バニラオイル5滴隠し味です。省略可。
牛乳100ml
2個M or Lサイズ
ハーフサイズも出来ます!レモン汁は使いません(無くても十分美味しい)

道具

道具用途・補足
ボールメインで混ぜる用
ボール(耐熱)牛乳+卵用(電子レンジ可)
泡立て器手動です。電動は使いません。
裏ごし器牛乳+卵液をこすのに使います。滑らかポイントです。
パウンド型+クッキングシートパウンド型のクッキングシートがあると楽です。
(無い場合は底+側面を繋げてしくこと)
オーブン本レシピは180℃で湯銭焼きします。天板使います。

作り方

1.パウンド型にクッキングシートを敷きます。他の材料もボールに準備しておくとスムーズです。

写真ではパウンド型のクッキングシートを使っており便利です。無い場合は側面+底を繋げた状態でシートをしきます(取出しやすくするため)。

2.ボールに「クリームチーズ」「砂糖」「バニラオイル(任意)」を入れて、電子レンジ600wで50秒チンします。ゆっくりと混ぜます。

ダマが無くなるまで混ぜます。最初は混ぜにくいですがゆっくりと混ざっていきます。

ゆっくりと・・・。
1分~2分でここまで混ざります。

今回は湯銭焼きのためそろそろお湯を沸かし始めます。さらにオーブンを180℃で余熱開始します。

3.別のボールに卵を入れてよく混ぜます。続いて牛乳を入れて混ぜた後、電子レンジ600wで40秒温めます。

混ぜるときは前工程で使った泡立て器をそのまま使ってもOKです。少し温めることでこの後でしっかりと混ざります。

ボールに卵を入れて混ぜます。
卵が混ざった後は牛乳も入れて混ぜ、レンジで40秒チンします。

4.クリームチーズのボールに「卵+牛乳液」を裏ごしして入れ、ゆっくりと混ぜます。

裏ごしすることでより滑らかになります。最初はなかなか混ざりませんが、泡立てないようにゆっくりと混ぜるのがポイントです。

裏ごしして卵・牛乳液を入れます。
ゆっくりと混ぜていきます。

5.材料をパウンド型に入れてオーブン天板に載せます。天板にお湯を張り、180℃で約40分焼きます。

余熱段階でお湯を張っても良いのですが、パウンド型を載せてからお湯張りしたほうが安全です。ハーフ量の時は25分ぐらいでOKです。

型に生地を流し入れます。
オーブン湯銭焼き@180℃で40分加熱します。

6.オーブンから取出して約30分放置して荒熱を取ります。その後、キッチンペーパー+ラップをして冷蔵庫で最低2時間冷やします。冷えた後はゆっくりと型から取出して、側面シートを剥がし、適当な大きさに切れば完成です!

しっかり冷やします。キッチンペーパーを使うことで水分が垂れにくくなります。取り出す際は、最初に型とシートのくっつきを全体的にとって、最後にシート全体をひっぱりながら取り出します。(無理にひっぱるとシートが破れることがあります)

焼きあがりました。
キッチンペーパー+ラップをして冷蔵庫でしっかりと冷やします。
型からゆっくり取出しました。
側面シートを剥がします。
適当に大きさに切ります。柔らかいので注意しましょう!

完成です!お疲れ様でした!

滑らか濃厚です!

保存(賞味期限)

切った後にお皿に載せ、ふんわりラップして冷蔵庫に入れてください。

賞味期限
  • 常温:x
  • 冷蔵:3日
  • 冷凍:2週間

賞味期限はご参考のため、完成後は出来るだけお早めにお召し上がりください。

土台ありの場合

クッキー土台を使う場合の差分レシピ(土台レシピ)を載せておきますね。

土台:マリービスケット

材料補足
土台用:マリービスケット9枚3袋分です。マリーがお勧めです!。
土台用:バター25g無塩有塩でも。

1.土台を作ります。ボールに砕いたマリーと溶かしたバターを入れてスプーンで混ぜ、パウンド型に押し固めます。

マリーは3袋で9枚です。

袋のままある程度粉々にします。
ボールに入れて粉々にします。
バターを溶かして混ぜ合わせます。
パウンド型に入れます。
スプーンの裏側でぎゅっと固めます。

以上で土台が完成するため、ここに生地を流し込み、同じ時間・温度で湯銭焼きすれば完成です!

じゃーん。

土台ありのメリットは「切り分けやすさ」「満足感の上昇」だと思ってます。

このレシピでは土台にマリービスケットを使っているけど、他のビスケットはどうなの?

一般的なバタークッキーやチョイスを試したことがあるけど、香りが強いからチーズケーキには合わないね。マリーと違って粉々にはしやすいんだけど。

土台:オレオ

チーズケーキの土台にはオレオも合います!ビター感が合うのです。

クリーム付きのオレオ「6~7枚分」を細かく砕いて、ギュっと敷き詰めるだけです。出来れば「牛乳」を10ml程度一緒に混ぜるとまとまりやすいです。元々クリームが挟まっているためバターは無くてもOKかと。

オレオ7枚分を砕きます(砕いた後に牛乳10ml加えるとまとまりやすい)
スプーンなどを使ってギュっと土台を作ります。

土台を作った後は、通常レシピ通りに生地を流して焼けばOKです!

オレオ土台です!

※土台はしっかり固めないと、チーズ生地のほうにクッキーが少し混ざることがあります。

Memo

本レシピの考察・感想を書いておきます。ほぼ自分用です。

色々と試行錯誤しました。(実は最初はバスク風を目指してましたけど、どう考えてもニューヨークチーズケーキになっていったので、普通のニューヨークチーズケーキのレシピに仕上げました)

生クリームを使うレシピも試しましたが、あまり生クリームは買いませんし、カロリー的に重たくなるため、代わりに牛乳を使うレシピとして仕上げています。また、バターの利用は劇的に差を感じなかったため、使わないことにしました。

湯銭焼きじゃないとだめかな?

難しくなるし、そもそもこれは「ニューヨークチーズケーキ」だからね。湯銭焼きであれば微妙な調整無くて成功率が格段に上がるよ。

当初はコーンスターチや薄力粉を使うレシピも存在したけど、シンプルに美味しくしたくてやめました。薄力粉を使わなくても卵2個の量が十分に生地をまとめてくれますからね。

◇ハーフサイズも出来ます。

半分の量です。

◇お菓子で盛ってもいいです。

子供が「電車~」と言ってペタペタしてました・・・。

◇湯銭焼きの温度について
→ 現状は180℃だけど、湯銭焼きなので160℃や170℃でもほぼ変わらない(はず)。

◇他のチーズケーキとの違いは以下のまとめページを参考に。

◇配合変更(2022/06/22)
・牛乳160 → 100
・卵1 → 2
・薄力粉 大さじ1 → 廃止
→ 結果的に土台が無くても普通に切り分けることが出来るようになった。

まとめ

なめらかニューヨークチーズケーキのレシピをご紹介しました。なめらかにとろける感じは絶品です。生クリーム不使用によってくちどけは良いのに重くないため(カロリーが抑えらている)、一人で半分程度はパクパク食べれちゃいます。お勧めです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。是非作ってみてください。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました