ココアでチョコホイップクリーム!

お菓子レシピ:その他
この記事は約3分で読めます。

チョコホイップクリームは「ココア」(純ココア)を使った作り方もあります。最初にココアをしっかり溶かすことで粉っぽさが残らないチョコホイップクリームが簡単に出来上がります。

本レシピについて
  • 作業時間:10分
  • 合計時間:20分
  • 基本材料:生クリーム、純ココア、砂糖
  • 仕上げ:ホイップ
  • 特徴:純ココアで作ります。

    *時間は目安です。
    *作業時間:焼き冷ましを含まない時間です。
    *合計時間:食べられるまでの時間です。

では早速!

作り方

「1」材料・準備

生クリーム100mlと200mlの場合を載せてます。
材料
100mlの場合

200mlの場合
補足
純ココア6g
(大さじ1)
12g
(大さじ2)
砂糖約10g
(大さじ1)
約20g
(大さじ2)
お好きな種類を。
生クリーム20g40gココア溶かす用。
生クリーム80g160g
生クリームは植物性でもOK。お砂糖は控えめのためもっと入れてもOKです(チョコホイップの場合は多めになります)
本レシピで利用する主な道具です!
道具用途・補足
ボール
ハンドミキサー材料を混ぜるために使います。
他の道具は適宜。

「2」ココアを湯銭でよく溶かした後、冷やします。

ボールに「生クリーム」少々(全量の1/5)、「純ココア」「砂糖」を入れて、湯銭して良く混ぜます。混ぜたらボールごと冷蔵庫でしっかり冷やします(5分~10分)。

この工程がないと粉っぽさやダマが出ることがあります。湯銭は50~60℃程度です。

「生クリーム」「純ココア」「砂糖」を湯銭して良く混ぜます。
純ココア(ココアパウダー)がしっかり混ざったら、ボールごと冷蔵庫で冷やします。

「3」残りの生クリームを入れてホイップして完成です!

冷蔵庫からボールを取り出し、残りの生クリームを入れて、ホイップすれば完成です!

冷やしていればしっかりホイップ出来ます。なお、7割ぐらいのホイップ時にレモン汁少々やゼラチン水を入れるとダレにくくなります。

残りの生クリームを加えてホイップしていきます。
ホイップ出来ました。

粉っぽさのない美味しいチョコレートホイップクリームの完成です。

この時はロールケーキに使いました。

保存について

普通のホイップクリームのようにふんわりラップして「冷蔵」が基本です。

ホイップした後なら冷凍保存も可能です(期間が長い場合は匂い移りに注意)。解凍する際は冷蔵庫でじっくりでいきましょう。

賞味期限
  • 常温:ー
  • 冷蔵:2日
  • 冷凍:2週間

賞味期限は水分や砂糖の量から厳しめに見積もってますが、ご参考のため、自己責任にて、出来るだけお早めにお召し上がりください。

Memo

補足事項・関連リンクなどを残しておくスペースです。

まとめ

今回は純ココア(ココアパウダー)から作るチョコレートホイップクリームのレシピをご紹介しました。

  • ココアはしっかり溶かしましょう(少量生クリームで湯銭)
  • 砂糖の量は普通のホイップより多くします。

スポンジケーキ始め、いろいろなお菓子作りに活用しましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。是非作ってみてください。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました