とろ~り フォンダンショコラのレシピ

お菓子レシピ:その他
この記事は約5分で読めます。

今回は中からとろけるチョコレート(生チョコ)が魅力の「フォンダンショコラ」のレシピをお届けします。

本レシピについて
  • 作業時間:30分
  • 合計時間:1時間
  • 基本材料:チョコレート(ブラック、ミルク)、バター、砂糖、卵、薄力粉
  • 仕上げ:オーブン
  • 特徴:基本に忠実

    *時間は目安です。
    *作業時間:焼き冷ましを含まない時間です。
    *合計時間:食べられるまでの時間です。

フォンダンショコラのレシピによくある「それ単に中心が生焼けだよね・・・」ではございません。ちゃんとガナッシュ(生チョコ)は別で作って中心に配置します!!

ちゃんと焼いてもしっかりトロトロなチョコレートが待っています!

作り方

「1」材料・準備(小マフィン4個分)

作りやすい配分です。生地部はブラックチョコで。
材料補足
(ガナッシュ) ミルクチョコ50g
(ガナッシュ) 生クリーム40g脂肪40%の植物性でもOK。
(生地) ブラックチョコ50g明治の板チョコなど。
(生地) 砂糖30g
(生地) バター30g有塩/無塩でも。
(生地) 卵 (M/L)1個溶いて常温で準備。
(生地) 薄力粉25g
(あれば) 粉砂糖適量トッピング用です。
2倍量でたくさん作ってもOK!ガナッシュは少し余る分量です(余りはそのまま食べましょう)。
本レシピで利用する主な道具です!
道具用途・補足
ボール色々な場面で使います。
ヘラ混ぜる用に。
紙のマフィン型など。
小さめの耐熱カップもOK!
オーブン天板があると良し。
180℃で約12分焼きます。
他にスプーンなども使います。

「2」ガナッシュ(生チョコ)を作ります。

レンジ可能なボールに「ミルクチョコ」を入れて600wで1分~チンして溶かします。続いてレンジ600wで20秒弱チンした「生クリーム」も混ぜ合わせたら、冷蔵庫に入れて冷やしておきます。

湯銭で溶かしてもOK。レンジ時間は微調整ください。温め過ぎると分離の恐れがあるため注意しましょう!

ミルクチョコ・生クリームを準備。
ミルクチョコを溶かして伸ばします(適宜チンは追加)。
温めた生クリームを入れてます。
滑らかに混ざったら冷蔵庫で冷やしておきます。

「3」材料を溶かし混ぜてチョコ生地を作ります。

レンジ可能なボールに「ブラックチョコ」「バター」「砂糖」を入れて、レンジ600wで約50秒チンしてヘラでゆっくり混ぜます。続いて溶いた卵を入れて良く混ぜます。最後に薄力粉を入れてしっかりと混ぜます。

湯銭で溶かしてもOK。レンジ時間は調整(溶けない場合は追加)してください。

生地部分の材料をさっと準備します。ブラックチョコ、バター、砂糖をチンして良く混ぜます。
溶いた卵を入れて良く混ぜます。
薄力粉を入れて良く混ぜます。
良く混ざりました。

タイミングをみて、オーブン余熱@180℃を開始しておきましょう。

「4」型に流して余熱オーブン180℃で約12分焼いて完成です。

小マフィン型に「生地」⇒「ガナッシュ」⇒「生地」の順で流します。生地の量は型のサイズによりますが、大さじスプーン約1杯程度など基準を決めると良いです。

天板の上に設置して余熱したオーブン180℃で12分焼けば完成です!

ガナッシュは中心に配置します。生地が暖かくてサラサラな場合は数分冷蔵庫で冷やしましょう。型が大きめ等の場合、オーブン時間は調整ください。

型に生地を流します(準備中)。
大さじ1杯程度の生地を流したところです。
生地の中心にガナッシュをドンっと配置します。
さらに生地を流します。余熱したオーブン180℃で12分焼きましょう。
かなりいい感じで焼きあがりました!

完成です!頂きましょう!

紙の型紙の場合は、冷蔵庫でしっかり冷やして外しましょう!冷えたままでも良いですが、電子レンジで20秒~30秒程度チンすると、とろ~っとした生チョコが味わえます。

焼き上がりアップです。
冷やして型を外しました。
冷たい時に切った断面です。

切ってから粉砂糖をかけて、電子レンジで20秒~30秒程度チンすると、とろ~りが素敵な見た目にも美しいフォンダンショコラになります!

粉砂糖を振ったところです。
電子レンジでチンすると、ご覧の通り!

以上、「ガナッシュ(生チョコ)」をちゃんと使って、正統派なフォンファンショコラなレシピでした!生焼けじゃないので安心していただけますね。

保存について

冷蔵庫で保存しましょう。もちろん冷凍庫もOKです!

賞味期限
  • 常温:ー
  • 冷蔵:4日
  • 冷凍:2週間~

賞味期限は水分や砂糖の量から厳しめに見積もってますが、ご参考のため、自己責任にて、出来るだけお早めにお召し上がりください。

Memo

個人的な備忘録を残しておくスペースです。

■型について

小さめ陶器(カップ)でも普通に焼けますし食べれます(カップのまま頂くパターン)。ただ、パイナップルケーキの型(金属製の型)を試したけど、どうにも難しい。熱の伝わりが早いため普段と同じ時間設定だとガナッシュが沸騰して噴き出してしまう。

後ろの2つはパイナップルケーキの型(クッキングシート有、無)でした。
焼きあがりました!(型の考察は後述)。
これはパイナップルケーキ型だけで試したときの写真(む、難しい・・・・)

なお、紙の型はダイソー等の100円ショップで6個入りや8個入りが売っている。お土産にする場合は紙の型で焼いて冷やし、型から外して箱やラッピングビニール詰めたほうが良いでしょうね。

■生チョコを「チョコ」と「牛乳」で。

生クリームと同じ分量だとサラサラ!生クリームだとチョコ50gに対して40mlだったけど、牛乳の場合は10mlぐらいじゃないと難しい。正直なところ生クリームでも牛乳でも、生チョコの味に大きな差は無いけど、作りやすいのは生クリームだと思う。

牛乳利用で分量を誤るとしっかり冷やしてもサラサラ・・・。

まとめ

正統派なフォンダンショコラのレシピをご紹介しました!生チョコのトロトロが味わえるチョコレート菓子が自宅で簡単に出来るなんて最高です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。是非作ってみてください。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました