ダレにくいホイップクリームのポイント

お菓子コラム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

しっかりとツノを立てたホイップクリーム。

ケーキ等にデコレーションして、さぁ食べようって時にダレている時があります。あるいはデコレーションしようと思ってら既にダレてうまくデコれないことも。

ホイップクリームもりもりのデコレーションケーキ!

本記事では時間が経過してもだれにくいホイップクリームのコツをご紹介します。

では早速!

基本的なこと

基本的なことですが以下は守りましょう。特に最初の2点。

  • 手早くしっかり泡立てる。
    → 電動ミキサーは楽ですよ。
  • 低温を維持する。
    → 直前までボールごと冷蔵庫で冷やしましょう。
    夏場は涼しい部屋で。
    デコレーション後も低温をキープ!
  • 乳脂肪分高めの動物性生クリームを使う。
    → 40%レベル。

さらにダレにくく(本記事のメイン)

材料やボールをしっかりと冷やして手早くホイップするのは共通したコツですね。

それに加えて、ちょっとした材料を追加すると時間が経過してもだれにくいホイップに仕上がります。

作り方説明
通常普通の作り方です。
時間が経つとダレやすいです。
レモン汁を使う5~7割ホイップ後にレモン汁を数滴入れて仕上げます。
ゼラチンを使う5~7割ホイップ後にゼラチン水を入れて仕上げます。
生クリーム200mlなら「水20ml+粉ゼラチン2g」

レモン汁

レモン汁の酸性がたんぱく質を凝固させる作用があります。

  • 生クリームを5割~7割ぐらいホイップしておく。
  • レモン汁を数滴加えて、すぐにホイップして仕上げる。
    ※生クリーム100ml辺り4~6滴ぐらいでOK。

レモン汁を加えるほど固くなりますが(クリーム100ml辺りレモン5ml等)、その分レモンの風味も強く感じることになります。また、ホイップする前にレモン汁を加えると、空気をあまり含まずに固まります(レシピによって調整!)。

ゼラチン

水で溶いたゼラチンを加えることでも、ホイップクリームはだれにくくなります!

  • 生クリームを5割~7割ぐらいホイップしておく。
  • 水10mlに粉ゼラチン1gを入れて良く混ぜ、レンジで沸騰”前”までチン(60~70℃ぐらい)してよく溶かしておく。
    ※生クリーム100mlの場合です(200mlなら水20g+粉ゼラチン2g)。
  • 生クリームにゼラチンを加えて、すぐにホイップして仕上げる。
    ※ゼラチンは温かいまま。

ゼラチン利用のほうが少々手間はかかりますが、風味の邪魔をしない目線では、ゼラチンのほうが良いかもしれません。

まとめ

ダレにくいホイップクリームのポイントをご紹介しました!

  • 手早くホイップ、温度管理などは基本。
  • レモン汁やゼラチンを加えることで、さらにダレにくく!

本記事は誰かのお役に立てば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました