フライパンで簡単 大学芋

焼き芋活用レシピ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回は「おやつ」にも「ご飯の一品」にも使える大学芋をフライパンで作り上げます。揚げないので時短可能なのに、十分美味しい大学芋が簡単に作れます。

本レシピについて
  • 作業時間:10分
  • 合計時間:15分
  • 難しさ :簡単。
  • ポイント:お子様に。

    *時間は目安です。
    *作業時間:焼き冷ましを含まない時間です。
    *合計時間:食べられるまでの時間です。
フライパンで簡単 大学芋

さつまいもの種類は問いません。新鮮なさつまいもを使ってください。

材料や道具の準備

材料(2~3人分)

材料補足
サツマイモ1本分良く洗っておきます。
大さじ2炒める用。
砂糖大さじ2
みりん大さじ1砂糖+水で代用可。
醤油小さじ1好みで塩でもOKです。
分量はざっくりで問題ありません。

道具

道具用途・補足
包丁サツマイモを切る為
木べら炒める為
コンロ・フライパン炒める為

作り方

1.良く洗ったサツマイモを1cm幅に輪切りにし、さらに1cm幅で長細く切ります。切ったサツマイモは水につけておきます。

水につけておくのは変色を防ぐためです(10分以上付ける必要はありません)。

長細く切って水につけておきます。
長細く切りました。

2.フライパンに大さじ2の油をひき、水を切ったサツマイモを並べます。並べた後に弱火~中火にして、蓋をして5分ぐらい放置します。

並べた後の着火でOKです(油跳ね防止)。蓋無しでじっくりと炒めても良いですが、蓋をしたほうが火の通りという観点で確実です。

油大2と芋を並べて火を付けます。
蓋をして5分ぐらい放置します。

3.蓋を取り、油を絡めるように2分ぐらい炒めます。続いて混ぜた「砂糖」「みりん」「醤油」を流し入れます。ゆっくりと絡めるように、煮詰まるまで炒めれば完成です。

跳ねると熱いのでゆっくり混ぜましょう。

蓋をとって2分ぐらい炒めます。
醤油大2、みりん大1,醤油小1を準備。
醤油大2、みりん大1,醤油小1を入れます。
絡めるように煮詰めるようにゆっくり2分程度炒めて完成です。

完成です!お疲れ様でした!お芋のホクホク感と甘さと醤油風味がとても素敵な美味しさです。

フライパンで簡単 大学芋

保存(賞味期限)

出来立てがお勧めですが、すぐに食べない場合はラップして冷蔵庫や冷凍庫で保存ください。冷やした場合はイモ同士がくっつくため、温めてから食べましょう。

賞味期限
  • 常温:1日
  • 冷蔵:2日
  • 冷凍:2週間

賞味期限はご参考のため、完成後は出来るだけお早めにお召し上がりください。

まとめ

フライパンで簡単に作れる大学芋のレシピをご紹介しました。油で揚げないため、作業開始から食べれるまで15分程度と簡単なのに美味しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。是非作ってみてください。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました