スライスチーズで作るベイクドチーズケーキのレシピ

お菓子レシピ@パウンド型
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今回はクリームチーズの代わりにスライスチーズで作るベイクドチーズケーキ」のレシピです。

本レシピについて
  • 作業時間:15分
  • 合計時間:150分~
  • 基本材料:スライスチーズ(とけない)、生クリーム、砂糖、卵、薄力粉
  • 仕上げ:オーブン160℃30分~35分。
  • 特徴:スライスチーズ!

    *時間は目安です。
    *作業時間:焼き冷ましを含まない時間です。
    *合計時間:食べられるまでの時間です。

トータルコストは200円程度で済みます(クリームチーズを使う基本のベイクドチーズケーキの半分以下)。味はクリームチーズVerより多少劣るものの、コストパフォーマンスは最高です。ちゃんとベイクドチーズケーキの味ですよ。

クッキー土台はお好みで(本レシピは土台なしです)。

(ご参考)他のチーズケーキは次のページでまとめています。

作り方

「1」材料・準備(20×8cmパウンド型)

準備する材料です! Aは合わせておいてOKです。
材料補足
(A) スライスチーズ
(とけない)
4枚約65gです。
(A) 砂糖50gお好みの種類。
(私はてんさい糖)
(A) 生クリーム200ml植物性ホイップ可。
薄力粉15g
1個常温で準備します。
M or Lサイズ。

※とろけるスライスチーズでも出来ないことはないですが、溶け切らない場合があります(とけないスライスチーズのほうが暖かい牛乳や生クリームに溶けやすい!)

本レシピで利用する主な道具です!
道具用途・補足
泡立て器手動です。電動は使いません。
パウンド型+クッキングシートパウンド型のクッキングシートがあると楽です。
(無い場合は底+側面を繋げてしくこと)
オーブン160℃で焼きます。170℃でもOK。

パウンド型にクッキングシートを敷きます。他の材料もボールに準備しておくとスムーズです。

写真ではパウンド型のクッキングシートを使っており便利です。無い場合は側面+底を繋げた状態でシートをしきます(取出しやすくするため)。

+パウンド型(クッキングシートも)

「2」チーズ・砂糖・生クリームをチンして良く混ぜます。

耐熱ボールに「スライスチーズ」「砂糖」「生クリーム」を入れて、電子レンジ600wで1分30秒チンして温め、滑らかになるまで混ぜます。

必要に応じて10秒ずつ再加熱しましょう。ダマが無くなるまで混ぜます(とろけるタイプのチーズは溶け切らないかも・・・)。

1分30秒チンします。
良く混ぜました。

そろそろ、オーブンを160℃で余熱開始します。

「3」薄力粉・卵の順によく混ぜます。

続いて溶いた「薄力粉」を入れて良く混ぜます。さらに溶いた「卵」を入れて良く混ぜます。

都度、しっかりと混ぜましょう。

「薄力粉」を入れます。
「薄力粉」が混ざったところです。
といた「卵」を入れます。
といた「卵」が混ざったところです。

「4」型に流してオーブンで焼き上げます。

パウンド型に生地を流し、余熱したオーブン160℃で約30分~約35分焼きます。焼き上がり後、荒熱が取れたら、ラップをして冷蔵庫でしっかり冷やせば完成です!

加熱時間は焼き色を目安に微調整ください(オーブン内の設置位置でも変わります)。170℃で25分とかでもOK(私のオーブンは170℃設定が無い)。

型に生地を流し入れ、オーブン160℃で30分~35分焼きます。
焼きあがった直後は結構膨らんでいます。
荒熱がとれるとかなり萎みます。

完成です!お疲れ様でした!

クッキングシートを持ちながら型から取出し、シートを剥がした後に、普通の包丁で切ります。包丁は1回1回拭くと、より綺麗に切ることができます。

普通の包丁で綺麗に切れます!
切ってお皿に載せました。若干厚みが少ないですが、ベイクドチーズケーキです!

ベイクドチーズケーキは冷蔵庫で1日または2日寝かせたほうが、確実に美味しいです。当日、翌日、翌々日、と変化を楽しみましょう。

本レシピのベイクドチーズケーキも同じです!

保存について

カットした後は、ラップをして冷蔵庫で保存しましょう。そのまま冷凍庫でも保存OKです。冷凍したチーズケーキは自然解凍、または半解凍でもとても美味しいですよ。

冷凍する場合は個別にラップ。
賞味期限
  • 常温:x
  • 冷蔵:3日
  • 冷凍:2週間

賞味期限は水分や砂糖の量から厳しめに見積もってますが、ご参考のため、自己責任にて、出来るだけお早めにお召し上がりください。

Memo

本レシピの考察・感想を書いておきます。ほぼ自分用です。

◇材料比率
スライスチーズ4枚で十分チーズ感がある。

◇薄力粉
ベイクドチーズケーキの場合は何かしらの粉類を使ったほうが良い。使わないと加熱の過程で余分が水分が出てきてしまうことがある。口当たりにも影響する。

◇土台
もしも土台も作られるのであれば、「マリー9枚」+「バター20g」がお勧め。もしくはオレオ7枚という選択肢もビター感と合います。

◇他のチーズケーキとの違いは以下のまとめページを参考に。

まとめ

クリームチーズの替わりに、スライスチーズで作る「ベイクドチーズケーキ」のレシピをご紹介しました。予想以上にベイクドチーズケーキの味わいでびっくりすると思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。是非作ってみてください。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました