フルグラ・ごろグラ活用「クッキー」のレシピ

お菓子レシピ:その他
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

栄養素が豊富な「フルグラ(カルビー)」や「ごろグラ(日清)」は美味しいですけど、飽きて余ってしまうことがあります。本記事ではフルグラやごろグラを混ぜ込んだ「クッキー」のレシピをご紹介します。ざくざくです!

本レシピについて
  • 作業時間:20分
  • 合計時間:50分
  • 基本材料:フルグラ or ごろグラ、バター、砂糖、薄力粉
  • 仕上げ:オーブン160℃で20分
  • 特徴:卵なし!ざくざくクッキー!

    *時間は目安です。
    *作業時間:焼き冷ましを含まない時間です。
    *合計時間:食べられるまでの時間です。

繰り返しますけど「ざくざく」食感です。栄養バランスの良いフルグラがマシマシなクッキーになります。なお、日清のごろグラのほうが成型しやすいです。

作り方

「1」材料・準備

Aは合わせておいてOK。
材料補足
フルグラ or ごろグラ100g日清のごろグラもお勧め!
(A) バター50g無塩/有塩どちらでも。
(A) 砂糖30gお好みの種類で。
(私はてんさい糖を愛用)
薄力粉50g
量はざっくりで大丈夫です!
本レシピで利用する主な道具です!
道具用途・補足
ボール混ぜる用
ヘラ混ぜる用
オーブン160℃で焼きます。
天板も使います!
他にクッキングシートなどを使います。

各種材料を準備しましょう。オーブン用の天板にはクッキングシートを敷いておきます。

ごろグラの場合、大きな塊は少し砕いておきます。フルグラ&ごろグラを混ぜてもOK!

始めに準備すると楽です。

「2」ボールに各種材料を入れて混ぜていきます。

レンジ可能なボールに「バター」「砂糖」を入れて、電子レンジ600wで20~30秒程度チンしてバターを少し溶かし、ヘラで良く混ぜます。

続いて薄力粉を入れて良く混ぜ、最後にフルグラを入れて良く混ぜます。

都度、しっかり混ぜましょう!

砂糖・バターを溶かして混ぜます。
薄力粉を入れて良く混ぜます。。
良く混ざりました。
フルグラも入れて良く混ざりました。

そろそろオーブンの予熱をしておきます。

「3」スプーンで形成しながら並べてオーブン160℃で焼きます。

大さじスプーン等で生地をすくって、クッキングシートの上に並べ、余熱したオーブン160℃で20分焼きます。荒熱が取れたら完成です!

フルグラはポロポロして難しいですが、繋がっていればOKです(焼きあがったらくっつきます)。日清のごろグラはポロポロしずらいです。厚みや大きさは調整してください。

スプーンですくっていきます。
好みの大きさにします(ポロポロですが、塊で繋がっていればOK)
準備できたら、オーブンで焼きましょう。

完成です!頂きましょう!

綺麗に焼きあがりました。
クッキーの裏側です(ちゃんとくっついています)

フルグラ・ごろグラどちらでも美味しいですが、ごろグラのほうが成型しやすいので好きです。また、ごろグラのチョコバージョンを使うとチョコクッキーのような良い香りです。

手前はごろグラで作ったクッキーです。

保存について

常温を基本として、タッパーやラップで湿気を避けて保存しましょう。冷蔵庫や冷凍庫で保存する場合は匂い移りに注意してしっかりラップ等に包んで保存しましょう。

賞味期限
  • 常温:3日
  • 冷蔵:1週間
  • 冷凍:1カ月

冷凍から解凍する際は電子レンジ&オーブンで解凍しましょう!自然解凍だとサクサク感が失われることがあります。

賞味期限は水分や砂糖の量から厳しめに見積もってますが、ご参考のため、自己責任にて、出来るだけお早めにお召し上がりください。

まとめ

今回はフルグラ入りのざくざくクッキーのレシピをご紹介しました。普通のフルグラやごろグラの食べ方に飽きてしまったり、おやつに活用したいとき等に最適です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。是非作ってみてください。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました