家庭菜園2022(さつまいも等)

芋を育てる
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

2022年の家庭菜園の記録をつらつらと残すページです。配置スペースがあまりないため「土のう袋」「プランター」が基本になります。

土の準備が出来たため、早速今年も育ててみることにします。

(主役)さつまいも

さつまいもの植え付け:5月下旬

今年は土のう袋で2つ分です。ばっちり準備しました。

1袋に対して家庭菜園用の土20リットル分ということでしょうか。土のう袋には結構入ります。

さつまいも(紅はるか)の苗を準備していきます。

早速、去年も購入したホームセンターに行ったのですが、残念ながら売り切れでした。他に2件ぐらい電話で問い合わせしても、もう扱っていないとのことでした。5月上旬に動いていれば、たぶん違ったのでしょう。

苗が手に入らないと話になりません。通販サイトでは、何10本単位のため、本数が多すぎです。そんなにいりません。4本(最低でも2本)ぐらい欲しいだけなのです。

続いて、メルカリを覗いています。

10本単位などの少量でも売られていることがわかりました。そして探すと5本売りも扱ってくれそうな人を見つけ、適当な出品のコメント欄に5本で売って欲しいと打診します。⇒ 10分後「OK」との連絡が!早速、専用で用意してもらって、無事に購入です。

購入から3日後に届きました。

届いた苗です。よーく見ると折れているのもあるのですが、比較的良好ですよね?

本当はこの段階で水につけるか、ささっと植えれば良かったかもしれません。湿った新聞紙に包んで、2日程経過すると、かなり元気がなくなってしまいました。

さつまいもの苗は元気がないぐらいが、発芽しやすいとも言うようですが、それを超えているような・・・。とりあえず、土のう袋1つに対して、2本ずつ植えてみました。

1号さん。右下の苗がかなり怪しい。
2号さん。

植えた後は、水をしっかり上げます。肥料は特にあげません。さつまいもに肥料を上げ過ぎると、「つるぼけ」といって、葉ばかりたくさん出来て、芋があまり出来ないそうです。

いもの様子:6月中旬(植付から約2週間)

晴れた日には1日1回水をあげます。

植え付けから2週間経過しました。1号さんの右下の苗は残念ながら朽ち果ててしまいました。さつまいもの苗だとしても、あまりにボロボロな状態だと、そのまま逝ってしまうようです。

他の苗は無事に根付いて、元気に新しい葉っぱが出てきています。ここまでくればこの苗は安心でしょう。土が乾きすぎない程度に、お水をあげていきます。

1号さん。
2号さん。

いもの様子:7月上旬

今年は梅雨がほとんどなく、毎日暑かったためか、かなり葉っぱが増えました。まだ虫食いはないので、1日1回水をあげて様子見します。

1号さん。
2号さん。

(他)きゅうり

きゅうりの植え付け:5月下旬

今年はプランター1個でいきます。

去年は安い普通のきゅうりの苗を買ったためか、うどん粉病(葉の表面が白くなって枯れる病気。他の葉にも移りやすい)に悩まされました。累計5本程度は出来た記憶がありますが、うどん粉病がなければ、倍以上は収穫できた・・・かもしれません。

そんなうどん粉病に悩まされないため「うどんこつよし」という苗を近所のホームセンターで299円で購入してきました。本当は種でも良かったのですが、たくさん植えるわけではないため、苗ポッドで十分かなと思いました。

強そうです。

買った状態でつるが既に出ているため、すぐに植えることが出来ます。

植える準備を進めます。

子供に手伝ってもらいながら(奪われながら)、しっかりと植えつけます。

植えた段階で、庭の柵の近くに設置しました。隣人に迷惑がかからない範囲で、こうゆう網の柵があると便利です。ない場合は別途柵を買って植える必要がありますからね。

きゅうりの様子:6月中旬(植付から約2週間)

6月中旬の様子です。しっかりと柵に絡みついて、さっそく花が咲き始めています。

きゅうりの場合って人口受粉は必要ないみたいですね。単為結果性といって、受粉無しで実ができる野菜となっています。

ただ、雄花(オス)と雌花(メス)があって、実が出来るのは雌花です。最初のうちは雄花のほうが多いようで、すぐに実が出来ないこともよくあることです。

さて、ここまで伸びてきたため、化学肥料を少しだけまいておきました。伸び具合を観察しながら、1日1回お水をあげていきます。

きゅうりの様子:7月上旬~

だいぶ伸びてきました。

今年は品種の関係か、運の問題なのか、「うどん粉病」は発生していません。順調です。

細かい手入れはしていませんが、メインの「本づる」から分岐して伸び始めた「子づる」を切断することはしています。後は、1週間~2週間に1回程度は、化学肥料をほんの少しまいてます。

2022/7/6:1本目を収集。

まとめ

土のう袋2つボッチですが、美味しいさつまいもが出来るといいなぁ。

徐々に育っていく過程は面白いものです。この家庭菜園ネタがどなたかの役に立てば幸いです。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Top
タイトルとURLをコピーしました